公務外認定処分取消請求事件の第3回口頭弁論

2018年3月5日,公務外認定処分取消請求事件の第3回口頭弁論が熊本地方裁判所で行われました。

本件は,熊本県内の小学校に教諭として勤務していた原告が,平成23年に勤務中に脳幹部出血を発症して全介護を要する重篤な後遺障害を負ったため,地方公務員災害補償基金熊本県支部長に対して公務災害認定請求を行ったところ,これを公務災害と認めない旨の処分をしたため,その処分の取り消しを求める訴訟です。

原告の勤務状況をみると,発症前6か月間は長時間勤務に従事しており,とりわけ最後の1か月間の時間外勤務は150時間を超えていました。
その過重な長時間勤務は,原告に重大な負荷をもたらし,病気を発症させるのに十分なものでした。

これに対して,被告は,原告の小学校は児童の指導にゆとりがあったなどと主張して,原告の長時間勤務を否定しています。

しかしながら,原告が使用していたノートパソコンのシステムログなどによれば,原告が自宅に仕事を持ち帰り,深夜まであるいは早朝から毎日のように資料作成に追われていたことが分かります。

全国の小中学校の教員が,原告のような過重な長時間勤務を余儀なくされている実態は,文科省の実態調査でも明らかにされています。

平成28年度の調査によれば,中学校教諭の1.7人に1人,小学校教諭の3人に1人が「過労死ライン」である月80時間を超える時間外勤務を強いられていることが明らかになりました。

今や,学校は身を削る命がけの職場になっています。

このように,本件訴訟には,今の教育現場の勤務実態を明らかにし,それを是正するという意義があります。

この事件は,熊本県教職員組合の支援を受けて闘っています。
原告の公務災害認定を勝ち取るまで頑張ります!

次回口頭弁論期日は、2018年5月9日(水)14:00~です。

九州建設アスベスト訴訟の第2陣を提訴!

本日,福岡地方裁判所において,九州建設アスベスト訴訟の第2陣提訴を行いました。

この訴訟は,建築現場で働いていた方々が,建築材料の中に含まれるアスベストを吸い込んだことが原因で,中皮腫,肺がん,石綿肺等の石綿関連疾患を発症したことから,国とアスベスト建材メーカーに対して損害賠償を求めている訴訟です。

2008年5月16日の東京地裁と横浜地裁への提訴を初めとして,全国6地裁に提訴されており,合計689名の被災者が裁判で闘っています(うち477名は既に命を落とされ,ご遺族が原告となっています)。

この訴訟では,これまでに8つの地裁・高裁で判決が出されており,国の賠償責任はほぼ確定し,企業の賠償責任も一部の企業については高裁レベルで認められるに至っています。

今回の福岡地裁への2陣提訴は,このような裁判へ新たな原告を加えるもので,12名の被災者が,国と建材メーカー18社を被告としています。

熊本在住の被災者2名も今回の2陣提訴に加わりました。

すべてのアスベスト被害者の救済と,裁判をしなくても救済を受けられる被害者補償基金の設立を目指して,今後も取り組んでいきます。

提訴前の門前集会における弁護団第2陣事務局長の田中兼二弁護士の発言
「私たちは解決するまで歩みを止めない。今日の提訴がその一里塚だ!」

 

肝炎ウイルス検査を呼びかける街頭宣伝活動を行いました!

本日,全国B型肝炎熊本訴訟弁護団が,下通りパルコ前において,肝炎ウイルス検査を呼びかける街頭宣伝活動(ポケットティッシュ配り)を行いました。

中島弁護士を含む弁護士14名に加えて,原告の方々にも参加していただきました。

用意した約1500個のポケットティッシュは,下通りを通った方々にほぼすべて受け取っていただき,30分程度で行動は終了しました。
新聞社の取材だけでなく,テレビ取材までしていただきました。

B型肝炎訴訟とは,集団予防接種の注射器の使い回しによるB型肝炎患者・感染者が,国を被告として損害賠償を求めている訴訟です。

この集団予防接種によるB型肝炎ウイルスの感染被害については,2011年6月28日,国との間で、被害者救済に関する基本合意が締結されました。

これによって現在では,集団予防接種の際の注射器の使い回しによってB型肝炎ウイルスに感染した被害者の方々の救済が行われています。

弁護団は,B型肝炎を含むすべてのウイルス性肝炎患者が安心して暮らせるよう,今後も国と協議を重ね,治療・支援体制の強化を目指しています。

感染に心当たりのない方も,過去の集団予防接種で感染している可能性がありますし,感染に気づかずに放置すると,慢性肝炎・肝硬変・肝がんに進行する危険があります。

検査は,保健所や委託医療機関で無料で受けられますので,ぜひ,検査を受けていただければと思います。

横断幕の写真は,弁護団の田中真由美弁護士と中村輝久弁護士です。
イラストの方は,本日配布したポケットティッシュのデザインです。

かえでの森こども園保育士解雇事件の全面勝訴!

2018年2月20日,当事務所の中島弁護士が担当している「かえでの森こども園保育士解雇事件」の判決が、熊本地方裁判所で言い渡されました。
原告の吉原さんの職場復帰を認める原告の全面勝訴の判決でした!
【判決主文の要旨】
1 原告が被告に対し,労働契約上の権利を有する地位にあることを確認する。
2 被告は原告に対し,判決確定日まで毎月の賃金を支払え。
3 被告は原告に対し,慰謝料等として40万円を支払え。
4 2と3について仮執行を認める。

被告が挙げた解雇理由は15個もありましたが,判決はいずれの解雇理由も退けて,解雇に合理性はなく,解雇権の濫用だと認定しました。

また,試用期間満了に基づく解雇という被告の主張ついては,判決は,試用期間制度の濫用であって認められないと認めました。
試用期間の合意はあったが,それに基づいて解雇することは権利の濫用だとするもので,試用期間制度に権利濫用を認めたという点で画期的な判断だと思います。

有期雇用期間満了に基づく雇用契約終了という被告の主張については,判決は,そもそも有期であることについての原告の合意があったとは認められず,期間の定めのない雇用契約だと認定しました。
この論点については,弁護団では当初は別の論理構成を取っていたのですが,途中で「合意がない」という方針に切り替えた部分です。それが功を奏しました。

判決文は87頁もある大部なものになっており,事実認定を丁寧に行っているほか,理論面でも矛盾がないように慎重な配慮がなされています。

何よりも人権を守ることに鋭敏なハンセン病療養所にあって,働く人の人権が損なわれるような保育園運営は許されないと言わざるをえません。

まだ判決は確定しませんが,今後も吉原さんの職場復帰に向けて,労働組合と共にがんばります!

写真は,勝訴の旗を持つ高島周平弁護士と,原告の吉原一さんです。