弁護士紹介

弁護士 中島 潤史
(なかじま じゅんじ)

埼玉県草加市出身
2005年弁護士登録

ノーモア・ミナマタ訴訟、九州建設アスベスト訴訟、原爆症認定訴訟、偽装質屋対策弁護団、秘密保護法対策弁護団、生活保護基準引下げ違憲訴訟、司法修習生の給費制廃止違憲訴訟、全国B型肝炎熊本訴訟弁護団などの弁護団に加入しています。

子どもの頃の話となりますが,友達数人でいたずらをしたのが体育の先生に見つかり,みんな廊下に並ばされて,端から1人1人頬を殴られるということがありました。
私は,殴られるほどのいたずらはしていないと思い反論したかったのですが,怒っている先生に対して反論する勇気がなく,気持ちが小さくなってし まい,殴られるままに殴られてしまいました。私は,反論すべきであったのに,反論できなかった自分が悔しくてたまりませんでした。
そのころから,私は,言うべきことをきちんと言える人間になりたいと思うようになり,ひいては,自分のように言いたいことを言えずに苦しんでいる人がいるはずであるから,その人のために力になりたいと思うようになりました。

私は,このようなきっかけから弁護士を志すようになったのですが,弁護士になって10年以上が経った現在でもその思いは変わりません。
みなさまのお力になれるよう,精一杯努力しますので,お気軽にご相談いただければと思います。

弁護士 阿部 広美
(あべ ひろみ)

熊本県八代市出身
2005年弁護士登録

【経歴等】
1990年に九州大学法学部を卒業し,1995年12月まで生命保険会社に勤務しました。長女を出産するために退職し一時専業主婦も経験し,育児サークルの活動などをしていました。1998年に離婚し,実家のある熊本県八代市に戻り,司法試験の勉強を始めました。2003年11月,3度目のチャレンジで司法試験に合格し,1年6ヶ月の司法修習を経て2005年10月に弁護士登録し,同時に熊本共同法律事務所に入所しました。
弁護士登録後は,離婚事件などの女性問題を中心に取り組んできました。これまでに1000件以上の離婚の相談を受け,100件以上の離婚事件を担当してきました。これまでに八代市男女共同参画専門委員,熊本県男女共同参画審議会委員など公的委員も務めました。

【現職等】
2017年度熊本県弁護士会副会長
熊本県弁護士会両性の平等に関する委員会委員
日弁連貧困問題対策本部委員
熊本労働局紛争調整委員
弁護士九条の会・くまもと事務局
秘密保護法廃止くまもとの会事務局
カルテがない薬害C型肝炎訴訟弁護団事務局長
STOP!生活保護基準引き下げ行政処分取消訴訟弁護団事務局長